FC2ブログ
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Hessle Audio JAPAN TOUR meets reflexion
2011.12.18(Sun) at METRO

ACT:
PEARSON SOUND [from UK/Hessle Audio]

PANGAEA [from UK/Hessle Audio]

DIZMO a.k.a SYUNGO [from KYOTO]

nobuki nishiyama [from TOKYO/Tiltloose]

Atedin Emaru a.k.a 裏目に出た

es-ca / Mudras / Yuta-saito

Lighting : ODA[mind-bending]

Food : Namaste Tajimahal Evelest / カレー屋台村 山ねこ


Peason Sound (from UK/Hessle Audio) <http://soundcloud.com/hessleaudio>
かつてはRamadanman、現Pearson Soundとして活躍を続けるデヴィッド ケネディ、そしてPangaeaとして知られるケヴィン マコーリー。そのキャリアを共に10代前半という早い段階からスタートさせていた彼ら。パーティー "FWD" やMalaの衝撃的なプレイにより、当時台頭しつつあったダブステップと呼ばれる音楽が持っていた自由な在り方に強い感銘を受ける。そして2007年、フォーミュラ化したダブステップから逸脱していくオリジナルな音楽を目指し、盟友Ben UFOを加えた3人でレーベル [Hessle Audio] をスタート。彼らを中心に生み出される楽曲は、UKガラージ、テクノ、ハウス、ジュークなど新旧を問わない数多くの要素を含み、それゆえにどのジャンルにも属すことのないハイブリッドなサウンドでありながら、どのジャンルにもコミットしていくことの出来る自由度を持ち合わせている。後に説明不要なまでに評価を得たJames Blakeや、Ricald VillarobosにヘビープレイされたJoeなどと言った才能をいち早く発掘するなど、その審美眼には定評があり、レーベルとしての評価も確固たるものとしてきた彼らは2011年5月には集大成とも言えるコンピレーション『116 & Rising』をリリース。前述のアーティストの他、Untold、Addison Groove、Peverelist、Blawan、Elgato他、錚々たるアーティストの楽曲を収録したこのコンピレーションは今をして尚、[Hessle Audio] が当初からの理念を失わず、更なる進化を続けていることを証明した。Pearson Soundにおいては、名門ミックスシリーズ『Fabric』を担当し、オリジナリティあふれる選曲と多様性で話題を呼んだ。そしてPearson Sound、Pangaea共に、年末そして2012年にかけて新たなトラック群のリリースが待ち構えている。


前売¥2000 ドリンク代別途  当日¥2500 ドリンク代別途
[ 当日来場者様全員にreflexionオフィシャルステッカーを限定配布! ]
12.09 (Fri) 15:37 [ Lighting ] CM0. TB0. TOP▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://clandestineoperation.blog90.fc2.com/tb.php/234-1ee8474c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。